PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

新井宏先生連続5回講座
「理系の視点から見た考古学の論争点」

講師:新井宏先生(前韓国国立慶尚大学教授)
資料代:全5回8500円(事前払い) 各回1800円(事前払) 当日各回:2000円

第1回 「弥生時代は500年遡るか」
〜炭素14法による新年代論の諸問題〜
〜箸墓は卑弥呼の時代の古墳か〜

日時:2013年12月17日(火) 13:15〜15:15 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

第2回 「楽毅の奪った青銅器のリサイクル」
〜鉛同位体比から見た弥生年代論〜

日時:2014年1月7日(火) 13:15〜15:15 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

第3回 「三角縁神獣鏡ははたして魏鏡か」
〜鉛同位体比から見た三角縁神獣鏡〜

日時:2014年1月28日(火) 13:15〜15:15 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

第4回 「古韓尺の導出と古墳築造尺度」
〜古韓尺の導出と古墳築造尺度〜
〜古代土地制度「代制」と古韓尺〜

日時:2014年2月18日(火) 13:15〜15:15 (開場13:00)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

第5回 「弥生時代には製鉄が行われなかったか」
〜金属考古学上の諸論争〜

日時:2014年3月4日(火) 13:15〜15:15 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

新井宏先生の横顔

 1937年東京都生まれ。1960年東京工業大学物理卒業。日本金属工業勤務(1960〜2001年) 常務取締役。韓国国立慶尚大学招聘教授(2001〜2009年)。工学博士 著書『まぼろしの古代尺』(吉川弘文館1992)『理系の視点からみた考古学の論争点』(大和書房2007)共著「鉛同位体比から見た三角縁神獣鏡」『古代の鏡と東アジア』(学生社2011)、『金属を通して歴史を観る』雑誌バウンダリー連載(1998〜2002)・論文歴史考古学関係の論文:約50編(他に金属工学関係論文約20編) 学会:日本鉄鋼協会、日本考古学会、日本考古学協会、日本情報考古学会、日本計量史学会、古代史研究会、朝鮮学会、たたら研究会


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。