PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

10月開講・高久健二先生連続4回講座
「古墳時代の西日本における渡来系文化と渡来人」

講師:高久健二先生(専修大学教授)
資料代:全4回7,200円(事前払い) 各回1,800円(事前払い) 当日:各回2000円
金銅製冠帽
熊本県・江田船山古墳の金銅製冠帽

 日本の古墳時代には、朝鮮半島との密接な交流を通じて、多くの文化・技術が導入されました。これらの渡来系文化・技術は弥生時代とは違って、北部九州だけでなく、日本列島各地に急速に普及・定着していきます。また、渡来系文化導入の様相は一様ではなく、地域ごとに異なっています。この講座では、北部九州・中国・北陸・畿内地域など、西日本各地における渡来系文化を概観し、その導入・定着の意義について論じます。


第1回 「北部九州における渡来系文化−筑前・筑後・豊前地域の渡来系文物−」

日時:2015年10月17日(土) 14:00〜16:00 (開場13:30)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

第2回 「中国・北陸地域における渡来系文化−吉備と若狭の渡来系文物−」

日時:2015年11月14日(土) 14:00〜16:00 (開場13:30)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

第3回 「畿内地域における渡来系文化(1)−大阪湾沿岸の渡来人集落−」

日時:2015年12月5日(土) 14:00〜16:00 (開場13:30)
会場:渋谷区立勤労福祉会館(東京都渋谷区神南1-19-8)
交通:JR線 渋谷駅(中央口)または 東京メトロ 半蔵門線・銀座線・副都心線 渋谷駅(7出口)から徒歩8分パルコ向かい
地図:こちらの地図を参照ください

第4回 「畿内地域における渡来系文化(2)−古墳にみられる渡来系要素−」

日時:2016年1月16日(土) 14:00〜16:00 (開場13:30)
会場:未定(都内区立施設利用予定 3〜2ヶ月前に決定します)

高久健二先生の横顔

 1967年生まれ。九州大学大学院文化科学研究科修士課程修了、韓国・東亜大学校大学院史学科博士課程修了・文学博士取得。九州大学大学院比較社会文化研究科助手、埼玉大学教養学部准教授、教授を経て、現在、専修大学文学部教授。専門は韓国・朝鮮考古学、東アジアの古墳文化。

主要著書

 『楽浪古墳文化研究』(学研文化社)他論文多数。


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。