PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

赤塚次郎先生連続3回講座
「S字甕と東山道
−ヤマトタケル伝承を求めて信濃坂(神坂峠)越え−」

講師:赤塚次郎先生(特定非営利活動法人 古代邇波の里・文化遺産ネットワーク 理事長)
資料代:各回2,500円(事前払い)当日:2,800円(ただし事前予約要)

 3世紀、伊勢湾沿岸部から東海系文化が広がる現象が見られる。S字甕の拡散であるが、その足跡をたどりながら、東日本古墳時代の開闢物語を考えてみたい。それはヤマトタケル伝承にもつながり、原「東山道」を尋ねる旅でもある。3世紀から4世紀前半期の遺跡や古墳から見えてくる風景は、従来の近畿からの一元的な文化の広がりとは、一味異なるものになるに違いない。


第1回 「ヤマトタケル伝承を求めて信濃坂(神坂峠越え)」

日時:2017年10月1日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

第2回 「S字甕、利根川と出会う。碓日坂から毛野」

日時:2017年11月19日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:渋谷区立勤労福祉会館(東京都渋谷区神南1-19-8)
交通:JR線 渋谷駅(中央口)または 東京メトロ 半蔵門線・銀座線・副都心線 渋谷駅(7出口)から徒歩8分パルコ向かい
地図:こちらの地図を参照ください

第3回 「狗奴国幻想を求めて、2・3世紀の地域社会と倭王権」

日時:2017年12月3日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

※単回申し込みの特別講演会としても募集しています。同一講座です。お申し込みはどちらでも結構です。


赤塚次郎先生の横顔

 1954年生まれ。奈良教育大学教育学部卒業。愛知県埋蔵文化財センター副センター長を経て、現在、NPO法人ニワ里理事長。

主要著書

 『幻の王国・狗奴国を旅する』(風媒社)、『尾張・三河の古墳と古代社会』(同成社)編集など多数。


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。