PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

仁藤敦史先生連続3回講座
「聖徳太子の実像」

講師:仁藤敦史先生(国立歴史民俗博物館教授)
資料代:各回2,000円(事前払い) 当日払い2,300円(実施1週間以内申し込みは当日払い扱いとなります。事前予約要)

 日本史の教科書では、古代の政治や外交、宗教など多方面に活躍し、理想的な人物と位置付けられてきた「聖徳太子」の存在感が近年、確実に低下しています。「聖徳太子は実在したか」という項目まで教科書には登場するようになりました。「虚像」としての「聖徳太子」を否定する議論は、戦後も十分に取り除かれなかった『日本書紀』の拡大解釈基づいた議論に対する批判とも考えられます。本講座では、『日本書紀』の記述をむやみに全否定したり、全肯定したりせず、中国王朝・隋の歴史書『隋書』や、聖徳太子の伝記「上宮聖徳法王帝説」など、少しでも同時代と思われる史料を駆使し、冷静に批判を加えながら読むことで、聖徳太子の実像に迫りたいと思います。


第1回 「聖徳太子の歴史学−同時代史料から考える−」

日時:2018年1月7日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:イケビズ(としま産業振興プラザ) 多目的ホール(豊島区西池袋2-37-4)
交通:池袋駅西口より徒歩約10分、南口より約7分
地図:こちらの地図を参照ください

第2回 「小墾田宮と遣隋使−聖徳太子の外交−」

日時:2018年2月4日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:イケビズ(としま産業振興プラザ) 多目的ホール(豊島区西池袋2-37-4)
交通:池袋駅西口より徒歩約10分、南口より約7分
地図:こちらの地図を参照ください

第3回 「上宮王家と斑鳩−経済的基盤と宮経営−」

日時:2018年3月11日(日) 13:30〜15:30 (開場13:00)
会場:豊島区立生活産業プラザ(豊島区東池袋1-18-1)
交通:JR、東京メトロ(丸の内線、有楽町線、副都心線各線)池袋東口下車徒歩7分
地図:こちらの地図を参照ください

 前2回で「聖徳太子は実在したか」という最近の「虚」としての「聖徳太子」を否定する議論を日本書紀』の記述をむやみに全否定したり、全肯定したりせず、『隋書』や、聖徳太子の伝記「上宮聖徳法王帝説」など同時代史料を駆使し、冷静に批判を加えました。最終回では経済的基盤や宮の経営を解き明かし、さらに聖徳太子の実像に迫ります。


仁藤敦史先生の横顔

 1982年早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業、1989年早稲田大学大学院文学研究科史学(日本史)専攻博士後期課程年満期退学、1989年 早稲田大学第一文学部助手、国立歴史民俗博物館歴史研究部助手、助教授、准教授を経て、現在、国立歴史民俗博物館研究部教授、総合研究大学院大学文化科学研究科日本歴史研究専攻教授併任。博士(文学)

主要著書

 『古代王権と都城』吉川 弘文館、「律令国家の王権と儀礼」『日本の時代史』4 吉川弘文館、「卑弥呼と台与―倭国の女王たち」(日本史リブレット人)山川出版、女帝の世紀―皇位継承と政争(角川選書)卑弥呼の「戦争と平和」―「魏志倭人伝」を読む(歴博ブックレット(3))日本史講座〈第1巻〉東アジアにおける国家の形成 歴史学研究会 日本史研究会など多数。


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。