PAGETOP

シンポジウム・『トンボ塾』案内

高久健二先生・第3期連続2回講座
「古代加耶の文化と倭」

講師:高久健二先生(専修大学教授)
資料代:各回2,500円(事前払い) 当日払い2,800円(実施1週間以内申し込みは当日払い扱いとなります。事前予約要

 加耶は朝鮮半島南部に位置していますが、百済や新羅と異なり小国に分立していました。加耶諸国ではそれぞれ特色のある文化が形成され、日本列島の倭とも活発な交流をおこなっていました。近年、韓国では世界遺産登録に向けて、加耶古墳の発掘調査が数多くおこなわれています。この講座では韓国における最新の発掘調査成果をもとに、加耶諸国の文化について論じます。また、日本列島の倭との交流関係についても取り上げていきます。
 第2期に引き続く最終第3期2回連続講座です。


第1回 (通し第7回)「比斯伐国の文化−昌寧校洞・松洞古墳群の調査成果と新羅との交流−」

日時:2018年10月27日(土) 10:00〜12:00 (開場09:45)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

第2回 (通し第8回)「倭の加耶系文化と相互交流−日本出土の加耶系文物と加耶出土の倭系文物−

日時:2018年11月23日(金) 10:00〜12:00 (開場09:45)
会場:品川区立中小企業センター(品川区西品川1-28-3)
交通:JR大井町駅乗換え、東急大井町線各停一駅、下神明駅徒歩2分
地図:こちらの地図を参照ください

(※第1期からの通し回数です。)


高久健二先生の横顔

 1967年生まれ。九州大学大学院文化科学研究科修士課程修了、韓国・東亜大学校大学院史学科博士課程修了・文学博士取得。九州大学大学院比較社会文化研究科助手、埼玉大学教養学部准教授、教授を経て、現在、専修大学文学部教授。専門は韓国・朝鮮考古学、東アジアの古墳文化。

主要著書

 『楽浪古墳文化研究』(学研文化社)他論文多数。


お申し込み方法

※無事終了いたしました。多数の方のご参加誠にありがとうございました。