PAGETOP

旅行案内

『トンボの眼』講演会会員旅行
「継体大王ゆかりの地をめぐる」

 継体大王は謎の多い大王で、応神大王の五世孫と伝えられ、父系的な見方をすれば近江、母系的にみれば越前出身の出身とされます。『日本書紀』によれば、継体天皇は淀川流域の樟葉宮において大王となりますが、20年の間大和に入ることはできなかったといわれます。出生の地から転々した宮、真の稜といわれる今城塚などその生涯ゆかりの地をめぐり謎に迫ります。

期間:2015年11月21日(土)〜11月23日(月)=3日間
同行解説:遠山美都男先生(学習院大学講師)
旅行代金:113,000円(2名1室 2名でお申込みの場合のお一人料金)
一人部屋追加料金: 1,300円(1名でお申し込みの場合の追加料金)
利用予定ホテル:福井/ホテルフジタ福井
高槻/ワークホテルアネックス 天神の湯
食事:全食(朝2回、昼3回、夕2回)付
最少催行:10名
定員:20名
添乗員:JR米原駅から同行しお世話いたします。
◆ JR米原駅集合・近鉄奈良駅解散
◆ 中型バス(24名乗り)利用
◆ 締切:2015年10月15日(木) ※ただし満員になり次第、締切ります。
◆ 企画:トンボの眼「編集室」

旅程

■ 1日目
(11:00)JR米原駅集合=米原市・山津照神社古墳=福井市・足羽山古墳公園(山頂古墳、継体天皇像)=丸岡町・高向神社(振媛高向宮伝承地)=あわら市(横山古墳群)=福井市内
(福井市内泊)
■ 2日目
福井市内=若狭町(福井県立若狭歴史民俗資料館、十善の森古墳)=小浜=鯖街道=高島(高島歴史民俗資料館・鴨稲荷山古墳・彦主人王御陵)=長岡京市・乙訓寺(弟国宮跡)=茨木市・大田茶臼山古墳(継体天皇藍野稜)=高槻市・今城塚古墳公園(今城塚古代歴史館、今城塚)=枚方市・樟葉宮跡の杜(交野天神社、貴船神社)、牧野車塚古墳=高槻市内
(高槻市内泊)
■ 3日目
高槻市内=京田辺市・同志社大学歴史資料館(筒城宮跡碑)=桜井市・桜井市埋蔵文化財センター、磐余稚桜神社(磐余玉穂宮跡)=天理市・西殿塚古墳(手白香皇女衾田陵)=(15:30頃)近鉄奈良駅解散。

資料請求・お問い合わせ先

上記の国内旅行は『トンボの眼編集室』が、『トンボの眼講演会会員』向けに企画および旅程を立案し、当編集室が指定する旅行会社に手配を依頼、旅行会社との間で受注型企画旅行契約を締結する受注型企画旅行です。取消料金等の旅行諸条件は、お知らせする手配依頼会社にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ先
『トンボの眼』編集室
〒234-0051 横浜市港南区日野8-16-3-104
TEL:090-1706-6024 FAX:045-846-9781
担当:佐々木 章

※資料請求受付は終了いたしました。