PAGETOP

旅行案内

『トンボの眼』講演会会員旅行
「草原のシルクロード・内蒙古をゆく」

期間:2016年9月12日(月)〜9月16日(金)=5日間
旅行代金:248,000円(2名1室、2名でお申し込みの方のお一人料金)
(羽田空港施設使用料・中国空港税を含みます)
一人部屋追加料金: 29,000円(1名1室、お一人様申し込みの場合の追加料金)
発着:羽田国際空港
利用航空機会社:中国国際航空(CA)予定
利用予定ホテル:フホホト/昭君大酒店クラス
銀川/銀泉賓館クラス
食事:全食(朝4・昼3・夕4回)付
最少催行:8名
定員:15名
添乗員:羽田国際空港より同行しお世話いたします。
◆ 締切:8月27日(木) ただし満員になり次第締切ります。

 チンギスハーンが建国した遊牧国家・モンゴル帝国は、13世紀、孫のフビライハーン(元の初代皇帝)の時代になると中国全土だけでなく、南はベトナム、北はモスクワ、西は地中海までも拡がる世界最大の領土を支配しました。今回の旅は"草原のシルクロード"内蒙古の遺跡や博物館の遺物を通して、モンゴル帝国の変遷と壮大なモンゴル平原に展開した匈奴などの、中国北方草原遊牧民族の歴史に触れます。

王昭君像
王昭君像/フホホト
西夏王陵
西夏王陵/銀川

旅程

■ 1日目
羽田航空(13:55)→CA182便→(17:25)北京乗換え(19:20)→CA1105→(20:50)フホホト空港=「青い城」フホホト市内
(フホホト泊)
■ 2日目
フホホト市内=フホホト郊外見学(匈奴王に嫁いできた王昭君の陵墓、塔利故城、古墳群、遼代の白塔<万部華厳経塔>、銀の釈迦牟尼像がある大召寺<無量寺>など)=フホホト市内
(フホホト泊)
■ 3日目
フホホト市内(内蒙古自治区博物館<匈奴王の冠>、遼代の瑠璃の馬飾り、ペルシャ製の銀壷などユニークな草原文化文物の展示品を鑑賞)=フホホト駅(11:00)……列車TK1517(車窓から広大な平原や賀蘭山脈の移り行く景色をお楽しみ下さい。昼食お弁当)……(19:43)銀川駅=寧夏回族自治区の首府銀川市内
(銀川泊)
■ 4日目
終日、銀川市内と郊外見学(銀川から西35kmにある賀蘭山脈東麓の西夏王国の9つの皇帝稜や70基ほどの陪塚からなる陵墓群、渓谷の岸壁に600mにわたって原始絵画が線刻された賀蘭山岩絵、寧夏回族自治区博物館<西夏王国遺物展示>など)=銀川市内
(銀川泊)
■ 5日目
銀川市内銀川空港(12:00)→CA1214→(13:55)北京乗り換え(17:10)→CA183→(21:30)羽田空港着・解散。

資料請求・お問い合わせ先

上記の海外旅行は『トンボの眼編集室』が、『トンボの眼講演会会員』向けに企画および旅程を立案し、当編集室が指定する旅行会社に手配を依頼、旅行会社との間で受注型企画旅行契約を締結する受注型企画旅行です。取消料金等の旅行諸条件は、お知らせする手配依頼会社にお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせ先
『トンボの眼』編集室
〒234-0051 横浜市港南区日野8-16-3-104
TEL:090-1706-6024 FAX:045-846-9781
担当:佐々木 章

※資料請求受付は終了いたしました。