PAGETOP

旅行案内

TO/関東周辺日帰り古墳巡りシリーズ・神奈川編
第1回「相模・三浦半島周辺の古墳をめぐる」

 相模国の代表的な古墳群をめぐります。海老名市にある関東地区最古級の古墳群・秋葉山古墳群と相模国国分寺、三浦半島の付け根、逗子市桜山と三浦郡葉山町の境界部分の丘陵尾根上に相模湾を見下ろす前方後円墳・長柄桜山古墳群、三浦半島を横断し、東京湾に面する横須賀市の半島最大の前方後円墳・大塚古墳群などを見学します。あわせて海老名市温故館、逗子市郷土資料館、横須賀市自然・人文博物館を訪れます。晴れていれば長柄桜山古墳群から秀麗にして雄大な富士山の姿をお楽しみいただけます。

期間:2018年5月19日(土)=日帰り
旅行代金:13,000円
食事:昼食1回
最少催行:12名
定員:20名
添乗員:横浜駅より『トンボの眼』佐々木章が同行します。
◆ 『トンボの眼』編集・作成の資料集を出発時、お渡しいたします。また各博物館等施設に事前連絡し、可能な限り学芸員による展示案内および周辺遺跡の隣地案内をしていただきます。
◆ 発着 横浜駅集合・解散
◆ 中型バス利用
◆ 締切:出発の3週間前 ※ただし満員になり次第締め切ります。
◆ 企画:『トンボの眼』
◆ 旅行企画実施:株式会社タビーズ(観光庁長官登録旅行業1906号)

旅程

■ 1日目
(09:30)横浜駅前集合=保土ヶ谷JJCT=東名高速道路=海老名JCT=海老名市(海老名市温故館・相模国分寺跡・秋葉山古墳群==逗子市桜山・三浦郡葉山町(長柄桜山古墳群/第1号墳・第2号、逗子市郷土資料館)= =横須賀(大塚古墳・横須賀市自然・人文博物館)==(17:30頃)JR横浜駅解散。
※まずは見学地情報掲載のパンフレットをご請求ください。

関東周辺日帰り古墳巡りシリーズ・神奈川編
第1回『相模・三浦半島周辺の古墳をめぐる』 2018年5月19日(土)=日帰り
第2回『小田原・南足柄周辺の古墳をめぐる』 2018年6月16日(土)=日帰り


※資料請求受付は終了いたしました。