PAGETOP

旅行案内

【国内旅行】TO/関東周辺日帰り古墳巡りシリーズ
第6回『上毛野東部の大型古墳をめぐる』

 群馬県東部(東毛地域)には大型古墳が数多く築造されており、その被葬者はかつて上毛野といわれたこの地域を治めた王達と考えられます。なかでも東日本最大の前方後円墳、太田天神山古墳の被葬者は、王者の棺「長持形石棺」用いていることから、その実力は抜きんでた存在であったことがうかがえます。この古墳を中心にそれと前後する王の古墳をめぐりながら、上毛野の古墳を考えます。

期間:2018年7月28日(土)=日帰り
※都合により当初予定の6月9日(土)より変更となっています。ご注意ください。
(5月22日現在)
旅行代金:13,000円
食事:昼食1回
最少催行:15名
定員:22名
添乗員:『トンボの眼』佐々木が同行いたします
◆ 東武伊勢崎線太田駅集合・解散
◆ 中型バス利用
◆ 締切:出発の30日前 ※ただし満員になり次第締め切ります。
◆ 企画:『トンボの眼』
◆ 旅行企画実施:株式会社TABi’Z(タビーズ観光庁長官登録旅行業1906号)

旅程

■ 1日目
東武伊勢崎線太田駅集合(9:15)=太田天神山古墳・女体山古墳=朝子塚古墳=円福寺茶臼山古墳=天良七堂遺跡(新田郡家跡)=二ツ山1号・2号墳=寺井廃寺=巖穴山古墳=鶴山古墳=亀山古墳=八幡山古墳=藤本観音山古墳=正円寺古墳=足利公園古墳群=(17:00頃)東武伊勢崎線足利市駅解散

関東周辺日帰り古墳巡りシリーズ
第6回『上毛野東部の大型古墳をめぐる』 2018年7月28日(土)=日帰り
第7回『毛野東部・那須と那珂川流域の古墳をめぐる』 2018年7月7日(土)=日帰り


※資料請求受付は終了いたしました。