PAGETOP

旅行案内

「春の韓国古寺巡礼」

 朝鮮半島に中国から仏教が伝えられたのは4世紀の後半であったといわれます。当時は高句麗・百済・新羅の三国が鼎立していましたが、やがて仏教は全国土に普及し、多数の仏像や寺院がつくられるようになりました。その後6世紀になると、百済の聖明王はわが国に仏教をつたえ、わが国初の飛鳥寺は百済の工人の協力によって造営されました。このように6〜7世紀の日本の仏教美術は朝鮮のそれを抜きに語ることはできません。
 この旅では三国時代や統一新羅時代の仏像(金銅半跏思惟像・軍威石仏・石窟庵石造など)を中心に寺院址(皇龍寺・四天王寺など)や石塔(感恩寺)、さらに最古の木造建築といわれる鳳停寺や古刹・浮石寺などを見学し、わが国の仏教美術をより一層理解する糸口としていただければと思います。

期間:2019年3月25日(月)〜3月29日(金)=5日間
旅行代金:158,000円
 (2名室利用の場合のお一人様料金)
※燃費付加運賃および日本と韓国の空港税(合計約8,000円〜9,000円程度)が別途必要となります。
早期割引旅行代金:153,000円
(1月25日(金)までに旅行申込手続きを終了の場合に適用)) 
一人部屋追加料金: 28,000円
 (お一人様参加の場合の追加料金です)
食事:全食付(朝2回・昼3回・夕食2回)
最少催行:15名
定員:20名
添乗員:成田空港より『トンボの眼』佐々木章が同行いたします。
◆ 利用航空会社:大韓航空(KE)、日本航空(JL)など。
◆ 締切 2019年2月22日(金) ※ただしそれ以前満員になり次第、締切ります。
◆ 企画:『トンボの眼』編集室
◆ 旅行企画・実施::株式会社TABi'Z(タビーズ観光庁長官登録旅行業1906号)・旅行取り扱い会社・三進トラベル(東京都知事登録旅行業第2−6204号)

旅程

■ 1日目
成田国際空港(10:50)→大韓航空5714便(KE5714)予定→(13:05)釜山国際空港=専用車で新羅の都・慶州へ。途中、三国統一を成し遂げた文武王の海中王陵と王の冥福を祈願して建立された感恩寺三層石塔を見学。
(慶州泊)
■ 2日目
慶州滞在。午前、韓国仏教美術の中でも最高傑作とされる石窟庵の釈迦如来坐像を鑑賞し、新羅美術の粋を集めた国立慶州博物館を訪れる。午後、石造と木造の調和が美しい仏国寺、皇龍寺址、四天王寺址、新羅千年の都・慶州市内の天馬塚などの古墳を見学。
(慶州泊)
■ 3日目
午前、石窟庵より半世紀ほど古く、その先行的役割を果たしたと考えられる軍威三尊石仏を見学。午後、韓国の伝統文化が色濃く残る安東へ。
(安東泊)
■ 4日目
午前、新羅末期に創建され高麗時代まで増築が続き現在21棟に至り、現存する木造建築として韓国最古と考えられる鳳停寺見学。午後、文武王の命により創建された浮石寺に新羅時代の石塔、高麗時代の無量寿殿、阿弥陀仏、祖師堂の壁画など見学。見学後ソウルへ。
(ソウル泊)
■ 5日目
午前、三国時代・新羅・高麗・李朝に至る韓国1500年の歴史を垣間見る国立中央博物館を見学。午後、出発まで李朝の宮城・景福宮などを見学後、空港へ。
ソウル仁川空港(17:20)→大韓航空706便(KE706)→(19:40)成田空港着後、解散。

お問合せ、資料請求は、『トンボの眼』

旅行内容詳細明記のパンフレットをご用意しております。ご請求、ご検討のうえ、お気軽にご参加ください。

 〒234-0051 横浜市港南区日野8-16-3-104
 『トンボの眼』
 TEL : 090-1706-6024 FAX : 045-846-9781
 担当 : 佐々木 章


上記の海外旅行は『トンボの眼編集室』が旅行プランを企画し、株式会社タビーズ(観光庁長官旅行業1906号))が旅行企画・実施する募集型企画旅行です。お客様は株式会社タビーズと募集型企画旅行契約(以下旅行契約)を締結することになります。旅行の取扱はタビーズの受託販売会社・株式会社三進トラベルサービス(東京都知事登録旅行業第2−6204号)が行います。旅行業法に則り、旅行の (旅費の授受・出発の案内など)業務は取扱会社が行います。取消料金等の旅行諸条件は、旅行取扱会社にお問い合わせください。

『トンボの眼』では、講座担当講師による講師同行旅行、同行講師は付きませんが『トンボの眼』ならではのオリジナル旅行など歴史・考古学にテーマを特化した旅行を企画してまいります。ご愛顧のほどお願いいたします。