PAGETOP

旅行案内

「モンゴル草原に遊牧騎馬文化を探る」

 モンゴル草原−そこは遊牧の知恵に満ちた世界です。今日でもモンゴルの多くの人々はゲル(天幕)に住み、羊を追って暮らしています。この草原地帯は遊牧の諸民族−匈奴・突厥・ウイグル、そして大モンゴル帝国が興亡を繰り返した悠久の歴史の舞台でした。広大な草原、満天の星・・・四輪駆動を駆使して草原を駆け抜けます。

期間:2019年7月22日(月)〜7月29日(月)=8日間
旅行代金:376,000円(ウランバートル2泊のみ2名1室、他の宿泊地ではツーリスト・ゲル泊で2〜4名の相部屋となります)
早期割引旅行代金:
366,000円 (4ヶ月前3月21日までに旅行申込み手続終了の場合に適用となります)
371,000円(3ヶ月前4月19日までに旅行申込み手続終了の場合に適用となります)
※空港使用料(羽田空港、モンゴル空港税および燃油サーチャージ・航空特別保険料計約 約7,500円(2018年11月2日現在)が別途必要となります。
一人部屋追加料金: 14,000円(お一人参加の場合の追加料金。ウランバートル2泊のみ1名、室。他の宿泊地ではツーリスト・ゲル泊で2〜4名の相部屋となります)
食事:全食付(朝食7回、昼食6回(うち1〜2回弁当)、夕食7回、機内食2回)
最少催行:8名
定員:14名
添乗員:成田から『トンボの眼』佐々木章が同行しお世話いたします。
◆ 発着地:成田空港発着
◆ 利用航空機会社:モンゴル航空
◆ 全行程、4WD(4名定員)に分乗しての踏査旅行となります。
◆ 締め切り:6月14日(金)  ※繁忙期につき航空機早期確保が必要となり締切を早めております。お早目にご予約をお済ませください。ただし満席に達し次第締め切ります。
◆ 企画:『トンボの眼』
◆ 旅行企画実施:株式会社TABi’Z(タビーズ観光庁長官登録旅行業1906号)・旅行取り扱い会社・三進トラベル(東京都知事登録旅行業第3−6204号)

旅程

■ 1日目
成田空港(午前)→モンゴル航空→(夕刻)ウランバートル空港=専用車にて市内ホテルへ。
(ウランバートル・フラワーホテルクラス泊)
■ 2日目
ウランバートルホテル=ウランバートルに戻るまで4名乗り、4輪駆動車に分乗となります=ウランバートル市内(考古研究所、国立歴史博物館)=ノインウラ匈奴墓=ウンゲドゥ突厥遺跡=ホスタイ国立公園 
(ホスタイ国立公園・ツーリスト・ゲル泊)
■ 3日目
ホスタイ=ザーマル乙突墓=遼代のハルバフ城址=ホショーツアイダム(ホショーツァイダム博物館・突厥のビルゲ汗廟、キョルテギン廟出土遺物・ビルゲ汗廟)=カラコルム
(カラコルム・ツーリスト・ゲル泊)
■ 4日目
カラコルム観光(エルデニゾーラマ教寺院・ハルホリン博物館・モンゴル帝国第二代オゴタイ・ハーン万安宮跡)=ハルバルガス(ウイグル時代のハルバルガス都城)=ツェンケル温泉
(ツェンケル温泉・ツーリスト・ゲル泊)
■ 5日目
ツェンケル温泉=ハヌイ川沿い=ゴルモド巾嚇枴茵β膩神兩伉諭鹿石=シベートオラーン遺跡=フヌイ川沿い=タイハル
(タイハル・ツーリスト・ゲル泊)
■ 6日目
タイハル=ツェツェルグ(ツェツェルグ博物館・ブグト碑文)=オルホン川渡河=ホスタイ国立公園
(ホスタイ国立公園・ツーリスト・ゲル泊)
■ 7日目
ホスタイ国立公園=第二突厥の功臣・トニュククの廟(トニュクク碑文・バルバル列石)=匈奴時代のホスティンボラグ製鉄遺跡=ウランバートル近郊(チンギスハン騎馬像・青銅器博物館)=ウランバートル
(ウランバートル・フラワーホテルクラス泊)
■ 8日目
ウランバートル市内=ウランバートル空港(早朝)→モンゴル航空→(夕刻)成田空港着、解散。

お問合せ、資料請求は、『トンボの眼』

旅行内容詳細明記のパンフレットをご用意しております。ご請求、ご検討のうえ、お気軽にご参加ください。

 〒234-0051 横浜市港南区日野8-16-3-104
 『トンボの眼』
 TEL : 090-1706-6024 FAX : 045-846-9781
 担当 : 佐々木 章


上記の旅行は『トンボの眼編集室』が旅行プランを企画し、株式会社タビーズ(観光庁長官旅行業1906号))が旅行企画・実施する募集型企画旅行です。お客様は株式会社タビーズと募集型企画旅行契約(以下旅行契約)を締結することになります。取消料金等の旅行諸条件は、旅行取扱会社にお問い合わせください。旅行の取扱はタビーズの受託販売会社・株式会社三進トラベルサービス(東京都知事登録旅行業第3−6204号)が行います。旅行業法に則り、旅行の (交通・宿泊等の手配・旅費の授受・出発の案内など)の業務は取扱会社が行います。

『トンボの眼』では、講座担当講師による講師同行旅行、同行講師は付きませんが『トンボの眼』ならではのオリジナル旅行など歴史・考古学にテーマを特化した旅行を企画してまいります。ご愛顧のほどお願いいたします。