PAGETOP

美術館・博物館案内

「黄金伝説―古代地中海世界の秘宝」展

会場:国立西洋美術館
期間:2015年10月16日(金)〜2016年1月11日(月)

地中海の奥深くに、湖のような黒海が広がっています。黒海の入口は、船の難所として知られるボスボラス海峡です。ギリシャ神話によれば、英雄イアソンはこの難所をアルゴー船に乗って越えました。イアソンが目指したのは、黒海沿いの王国にある金の羊毛です。イアソンは王女メディアの助けを借りて、この金の羊毛を手中に収めました。
豊かな黄金を秘める黒海地方の物語。これがただの伝説ではないことが、約40年前に明らかになります。黒海沿岸のヴァルナで、大量の金の副葬品を収めた墓地が発見されたのです。それはエジプトの最古のピラミッドよりも遥か以前、今から6千年以上も前に作られた世界最古の金製品です。骨と化した埋葬者は、金の杖を携え、大ぶりの金の腕輪をいくつもはめています。骸骨の周りに散りばめられた円形の金は、死者がまとっていた服をきらびやかに飾っていました。本展では、最古の金が収められたこの墓を出土の状態のまま復元し、同時に、太古の金の記憶が生み出したアルゴー船伝説の絵画を展示します。
黒海の金製品から3千年以上の時を経て、比類のない金細工技術を誇ったエトルリア文明がイタリア半島に花開きます。エトルリア人の謎に満ちた至高の芸術を、ヴァチカン美術館の名高い金の腕輪でとくとご覧ください。
本展では、地中海地域の古代文明がもたらした金の傑作の数々を、金を題材とする絵画とともに展示し、黄金に魅了された人類の歴史を紐解いていきます。

◎世界最古のブルガリアの金から、金細工技術の粋を集めたエトルリアの傑作まで一堂に展示。
金製品を紹介する展覧会はこれまでも開催されてきましたが、ひとつの文明やある地域をテーマとした展覧会がほとんどでした。本展は、先史から有史にむかうまでの時代に、トラキア、エトルリア、ローマといった地中海地域に花開いた文明を横断し、金製品を紹介する画期的な試みとなります。中でも、今から6000年以上も前に作られ、ブルガリア・ヴァルナで出土した世界最古の金製品は大きな見どころのひとつです。発見された出土の状態のまま復元展示し、世界でも類のない古代遺跡の一端をご覧いただきます。

◎古代文明がもたらした金の傑作の数々と金を題材とする絵画をあわせて展示。
黄金は太古の昔から不老不死や富、権力の象徴として人々の憧れであり、ギリシャ神話の世界にも黄金の雨(ダナエ)、金の羊毛(アルゴー船伝説)、黄金の林檎(パリスの審判)など重要なモティーフとして登場してきました。これら黄金をめぐる伝説は、絵画の巨匠をも虜にし、数々の名作が生まれています。本展では、古代の金製品と、金をテーマとした絵画を併せて展示し、金の持つ輝きと魅力、そして金に魅了された画家たちの歴史をひも解きます。

◎ヨーロッパの名だたる美術館・博物館のコレクションから名品が出展されます。
ヴァチカン美術館、オルセー美術館(パリ)、プラド美術館(マドリード)など世界屈指の美術館をはじめ、ソフィア国立考古学研究所・博物館、フィレンツェ国立考古学博物館、ヴィラ・ジュリア国立考古学博物館(ローマ)などからも日本初公開を含む作品が出展されます。
http://www.tokyo-np.co.jp/gold/outline.html

「黄金伝説―古代地中海世界の秘宝」 チラシ1 「黄金伝説―古代地中海世界の秘宝」 チラシ2
「黄金伝説―古代地中海世界の秘宝」 チラシ3 「黄金伝説―古代地中海世界の秘宝」 チラシ4