PAGETOP

美術館・博物館案内

「黄金のアフガニスタン−守りぬかれたシルクロードの至宝」

会場:東京国立博物館
期間:2016年4月12日(火)〜6月19日(日)
時間:09:30〜17:00
ただし金は20時まで、土・日・祝・休日は18時まで
休館:月曜日 ただし5月12日(月)開館

自らの文化がいき続ける限り、その国は生きながらえる。
略奪の危機が迫ったとき、彼らは“ある行動”に出た―。

 古くから「文明の十字路」として栄え、シルクロードの拠点として発展したアフガニスタン。その北部に点在する古代遺跡から発掘された名宝は、かつて首都カブールにあるアフガニスタン国立美術館に所蔵されていたものである。1979年のソ連侵攻とそれに続く激しい内戦などにより、同博物館は甚大な被害を受け、収蔵品の多くは永遠に失われてしまったと考えられていた。しかし、こうした困難な時代にありながら、勇敢な博物館員たちは、命の危険を顧みず、とりわけ貴重な文化財を秘密裏に安全な場所へ運び出し、地下の金庫に隠したのだった。
 彼らはその事実を家族にさえ明かさず、また度重なる追求にも決して屈することなく秘密を守り抜いた。そして彼らの国に待ち望んだ平穏が訪れたとき、その時は来た―。
 2004年4月、秘宝を大切に保管していた金庫の扉が開かれた。名宝は一つも欠けることなく、彼らの前にさんぜんと光り輝いた。こうして祖国の文化は守られ、歴史は未来へと紡がれていくことになった。決死の行動により奇跡的に守られたシルクロードの秘宝は、あなたの心に何を語りかけてくるだろうか。

「黄金のアフガニスタン−守りぬかれたシルクロードの至宝」 チラシ1 「黄金のアフガニスタン−守りぬかれたシルクロードの至宝」 チラシ2