PAGETOP

美術館・博物館案内

開館25周年記念
「鉄の弥生時代−鉄器は社会を変えたのか?」

会場:大阪府立弥生文化博物館
期間:2016年4月23日(土)〜6月19日(日)

 鉄の道具は稲作や青銅器とともに、弥生時代の象徴といえるものです。鉄器はその切れ味、頑丈さで作業の効率を高め、弥生人の生活に革命をもたらしました。貴重な素材の入手や高度な技術が必要な加工は、権力者の成長、クニの発達、戦いの激化との関連で考えられ、弥生社会を変えた素材として、鉄は大きな意味を与えられています。
 一方、土中で錆びて消滅する、また新たにリサイクルすることができるという鉄の性質から、出土鉄器の評価には難しさが存在します。たとえば、近畿地方は鉄器の出土が少ないにもかかわらず、「見えざる鉄器」として多数の鉄器の保有、そしてそれを可能にした「国力」が推測されてきました。
 さまざまな弥生時代の鉄の問題をどう理解していくか。鉄だけでなく、石や木といった深くかかわる素材もあわせて、最初の鉄器、石器から鉄器への変化、鉄器の生産技術、権力者の鉄などの側面から考えます。

「鉄の弥生時代−鉄器は社会を変えたのか?」 チラシ1 「鉄の弥生時代−鉄器は社会を変えたのか?」 チラシ2
「鉄の弥生時代−鉄器は社会を変えたのか?」 チラシ3 「鉄の弥生時代−鉄器は社会を変えたのか?」 チラシ4