PAGETOP

美術館・博物館案内

日韓国交正常化50周年記念
「ほほえみの御仏−二つの半跏思惟像」

会場:東京国立博物館 本館特別5室
期間:2016年6月21日(火)〜7月10日(日)

左足を踏み下げ、右手を頬に添えて思案する仏像を半跏思惟像といいます。このような座り方を半跏といい、物思いにふける(思惟)ことがその名の由来です。
 半跏思惟像は、仏教の母国・インドにはじまり、中国、朝鮮半島、日本へと伝わりました。日本や朝鮮半島では6世紀から8世紀の間に多くの像がつくられ、そのなかには古代仏教彫刻の傑作といわれる仏像があります。奈良県の中宮寺門跡に伝わる国宝の半跏思惟像はその一つで、優しく微笑む顔は誰も知るところです。また、韓国国立中央博物館蔵の金銅製半跏思惟像は、国宝78号として広く親しまれています。日本と韓国に同じ姿の優れた仏像が残るのは、両国の古代から続く交流の深さを物語るといえましょう。
 この度、東京国立博物館では、中宮寺門跡と韓国中央博物館の2体の半跏思惟像を同時に展覧する特別展「ほほえみの御仏−二つの半跏思惟像」を開催します。日本と韓国の仏像の美を堪能するまたとない機会となります。

「ほほえみの御仏−二つの半跏思惟像」 チラシ1 「ほほえみの御仏−二つの半跏思惟像」 チラシ2
「ほほえみの御仏−二つの半跏思惟像」 チラシ3 「ほほえみの御仏−二つの半跏思惟像」 チラシ4