PAGETOP

美術館・博物館案内

『縄文1万年の美の鼓動』

会場:東京国立博物館 平成館
期間:2018年7月3日(火)〜9月2日(日)
開館:09:30〜17:00 ※金・土曜は21:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館:月曜日ただし7月16日、8月13日は 開館

縄文時代が始まったとされる約1万3000年前。狩猟や漁撈,採集を行っていた縄文時代の人々が日々の暮らしのなかで工夫を重ねて作り出したさまざまな道具は、力強さと神秘的な魅力にあふれています。本展では「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島の多様な地域で育まれた優品を一同に集め、その形に込められた人々の技や思いに迫ります。縄文時代1万年にわたる壮大な「美のうねり」をご体感ください。
史上初!!縄文の国宝、6件すべてが終結!!
縄文時代の遺跡は、これまでに9万件を超える数が確認されていますが、数多ある縄文時代の出土品のなかでも、国宝はたったの6件。この6件が、初めて勢ぞろいします。
(「仮面の女神」「縄文のビーナス」は7月31日〜9月2日展示)
 国宝 火焔型土器
        新潟県十日町市 笹山遺跡出土
        新潟・十日町市蔵・十日町市博物館保管
 国宝 土偶 合掌土偶
        青森県八戸市風張軌篝彌佚據
        青森・八戸市蔵・八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館保管
 国宝 土偶 仮面の女神
        長野県茅野市 中ツ原遺跡出土
        長野・茅野市蔵・茅野市尖石縄文考古館保管
 国宝 土偶 縄文のビーナス
        長野県 茅野市 棚畑遺跡出土
        長野・茅野市蔵・茅野市尖石縄文考古館保管
 国宝 土偶 中空土偶
        北海道函館市 著保内野遺跡出土
        北海道・函館市蔵・函館市縄文文化交流センター保管
 国宝 土偶 縄文の女神
        山形県舟形町 西ノ前遺跡出土
        山形県蔵・山形県立博物館保管
縄文の国宝、6件すべてが終結というのが目玉ですが、その他にも「祈りの美」、「くらしの美」、「思いを伝える美」といったテーマに沿って出土品や数々の縄文の優品出土品が展示されます。

『縄文1万年の美の鼓動』 『縄文1万年の美の鼓動』

『縄文1万年の美の鼓動』 『縄文1万年の美の鼓動』