PAGETOP
最終更新日: 2018年7月18日
TOP PAGE MENU
『トンボの眼』月間催事カレンダー

新着情報

講演&対談
18.07.17『トンボの眼・横浜教室』開講記念/講演&対談 11月3日(日)仁藤敦史先生・松木武彦先生「倭の五王の時代を検証する」受付開始しました。 New!
特別講演会
18.07.172018年11月18日(日)西川武臣先生特別講演会『ペリー来航から開港期の横浜へ』(仮題)受付開始しました。 New!
18.07.172018年9月13日(木)加藤恭朗先生特別講演会『高麗郡建郡と古代寺院・東山道武蔵道』(仮第)受付開始しました。 New!
18.06.162018年8月6日(月)右島和夫先生特別講演会『海を渡った馬文化−国重文・高崎市綿貫観音山古墳副葬品をめぐって−』受付開始しました。 New!
連続講座
18.03.122018年6月開講・松木武彦先生連続3回講座「考古学からみた河内王朝論」好評受付中です。 New!
第1回 6月21日(木)「河内王朝論・登場の経緯」
第2回 7月26日(木)「大王墓の編年と移動の背景」
第3回 9月27日(木)「大王墓移動の要因−「河内王朝」はあったか」
18.06.162018年7月高久健二先生・第2期連続3回講座「古代加耶の文化と倭」受付開始しました。 New!
第4回 7月29日(日) 「大加耶国の文化−高霊主山城と池山洞古墳群の調査成果と倭との交流−」
第5回 8月18日(土)「古自国の文化−固城松鶴洞1号墳の調査成果と南海岸をめぐる東西南北交流−」
第6回9月29日(土) 「多羅国の文化−陜川玉田古墳群の調査成果と大加耶・新羅との交流−」
※第1期からの通し回数です。
18.06.272018年8月開講仁藤敦史先生監修連続5回講座「ようこそ歴史の宝庫『正倉院文書』の世界へ」受付開始しました。 New!
第1回 8月27日(月) 「諸国の稲収支帳簿−「駿河国正税帳」をよむ−」
第2回 9月2日(日) 「正倉院文書とその周辺 −漆紙文書と木簡から正倉院文書を照らし出す−」
第3回 9月8日(土) 「森川杜園『正倉院御物写』の世界」
第4回 9月22日(土) 「正倉院文書・正倉院宝物と年号」
第5回 10月6日(土) 「今年の正倉院展に出陳される文書の見どころ」
18.06.272018年9月開講・仁藤敦史先生連続3回講座『「倭の五王」の時代を考える−海外との交流−」受付開始しました。 New!
第1回 9月17日(月・祝) 「倭の五王と天下観」
第2回 10月28日(日) 「ワカタケル大王の列島支配」
第3回 11月11日(日) 「倭系百済官僚と「任那日本府」」
旅行案内
18.07.17【国内旅行】11月8日(木)『「世界の記憶」上野三碑と山王廃寺・総社古墳群をめぐる』パンフレット請求受付中です。
18.07.13【国内旅行】「多摩川流域の古墳を探る」9月20日(木)Part1「古墳の変遷を探る」、10月11日(木)Part2「古墳の終末から寺院へ」パンフレット請求受付中です。
18.06.16【国内旅行】8月31日(金)日帰り・右島和夫先生同行解説「高崎市・漆山古墳発掘現場と浅間山古墳・綿貫観音山古墳を巡る」有望。パンフレット請求・お申し込みはお早めに。
18.03.14【国内旅行】TO/関東周辺日帰り古墳巡りシリーズ・静岡編パンフレット請求受付中です。
第2回 7月21日(土)(日帰り) 『静岡編 藤枝・静岡周辺の古墳をめぐる』催行決定。残席2名。至急お申し込みください。
(※当初予定の7月14日より変更となっています。ご注意ください)
18.03.14【国内旅行】TO/関東周辺日帰り古墳巡りシリーズ群馬・栃木編
第7回 7月7日(土)(日帰り) 『毛野東部・那須と那珂川流域の古墳をめぐる』好評にてシリーズ終了。ご参加有難うございました。
トンボの眼関連情報
18.07.04書籍案内・河内春人『倭の五王−王位継承と五世紀の東アジア−』を紹介しています。
18.06.13東博特別展『縄文1万年の美の鼓動−ニッポンの、美の原点』を紹介しています。
18.05.30【歴史メモ】『英国公使館襲撃される−高輪・東禅寺−』を掲載しています。
18.05.30書籍案内・江宮隆之著『白磁の人』を紹介しています。
18.05.24『没後40年 濱田庄司展』を紹介しています。
18.05.24DVD・You Tube『日本と朝鮮半島2000年』を紹介しています。
18.05.21箱根・ポーラ美術館『エミール・ガレ−自然の蒐集−』を紹介しています。
18.05.18『プーシキン美術館展──旅するフランス風景画』を紹介しています。
18.05.18書籍案内・吉田 秀樹 +歴史とみなと研究会「港の日本史立」を紹介しています。
18.05.18書籍案内・石村智先生「よみがえる古代の港」を紹介しています。
18.05.14書籍案内・直木幸次郎先生「日本古代国家の成立」を紹介しています。
18.05.14書籍案内・門脇禎二先生「葛城と古代国家《付》河内王朝論批判」を紹介しています。
18.05.14書籍案内・金達寿先生「古代朝鮮と日本文化−神々のふるさと」を紹介しています。
16.08.15関連リンクに「関東の博物館・郷土資料館」にアクセスできる一覧ができました。常設・特別展情報、講演会など博物館催事の収集にお役立てください。 New!
18.03.14書籍案内・山本孝文先生「古代韓半島と倭国」を紹介しています。
18.03.14書籍案内・高田寛太先生『海の向こうから見た倭国』を紹介しています。
★ホームページ上での皆様との交流を深めていくため「日々更新・歴史よもやま トンボの眼Blog」を掲載しています。是非、一読ください。
>>更新履歴一覧
『トンボの眼』ニュースレターのメール配信(無料)の登録はこちらから! New!
新着情報などを2週間に1度程度、定期的にお知らせします。
※携帯電話アドレスでの登録は配信ができませんのでご遠慮下さい。
『トンボの眼・講演会会員』既会員向けプリペイド券随時発売中です。
ニュースレター
18.06.13講座《仁藤先生講座参考一口メモ》第2回「七支刀」第3回「広開土王碑」を掲載しています。
18.05.25『日本の茶人が好んだ高麗茶碗・井戸と三島茶碗』を掲載しました。
18.05.22『散歩・幕末ウォーターフロントお台場『江戸湾防備新体制の確立』『台場建設に従事した農民や漁民』を掲載しました。
18.05.18『散歩シリーズ『法明寺鬼子母神堂→恐れ入谷の鬼子母神』を掲載しました。
18.05.16『散歩シリーズ『雑司ヶ谷霊園・一墓一会、岩瀬忠震・小栗忠順の生涯』を掲載しました。
18.05.15『散歩シリーズ『都電荒川線乗車と雑司ヶ谷霊園、鬼子母神散歩』終了報告を掲載しました。
18.05.03『トンボの眼』ニュースレターに「朝鮮通信使の歩いた道をゆく−韓国内編」を掲載しました。
18.05.02『トンボの眼』ニュースレターに「品川御台場散歩・江戸湾防備」、一口メモ「台場とは」を掲載しました。